本文へスキップ
     情報公開 について  お問い合わせ

犬の譲渡

トップページ>犬の譲渡

犬の譲渡事業について

三重県動物愛護管理センターでは三重県、四日市市、公益社団法人三重県獣医師会と協力して犬の譲渡を行っています。保健所に収容された犬の中で性格・健康状態をチェックし、譲渡に適すると判断された犬に関して新しい飼い主さんへ譲渡をしています。
(譲渡場所は三重県動物愛護管理センターとなります。)

犬の譲渡を希望される方は、以下の流れに沿って最寄りの保健所へお申し込みください。

<犬の譲渡の流れ>
譲渡犬1保健所で飼い主の適正チェックを実施。
 適正OKならば「飼う前教室」の受講申し込み。
2動物愛護管理センターで「飼う前教室」受講後、
 犬の譲渡申込み書・誓約書の提出。
3後日、センターから譲渡候補犬の連絡
4センターにて犬とのマッチング。
 OKならば犬を連れて帰ります。
5犬との生活のスタート。数か月後に犬の様子を訪問調査。

※飼い主の適正チェックとは

今後、適正に犬を飼ってもらえるか、ご家族の負担にならないか等をチェックします。このチェックを行った時点で、申込み出来ない場合もありますので、ご了承ください。
譲渡犬(チェック内容)
・住所地、住居形態、
・家族構成、飼い主の年齢、家族の同意
・やむを得ず飼えない場合の対応方法
・他に飼育している犬の有無

(原則、現在犬を飼養している犬がいないこと。
 ただし、適正飼養に支障がないと認められた
 場合は、この限りではありません。)

・法令順守
・不妊手術の実施
(不可の場合は申し込みできません)
・譲渡後の訪問調査

※飼う前教室とは

飼う前教室飼い主になっていただく方に犬を飼うということはどういうことなのか、本当に飼うことができるのだろうかということを考えていただく為の講習です。
時間は2時間程度です。





公益財団法人
三重県動物愛護管理センター

〒514-1254
三重県津市森町字中大谷2438番地2

TEL・FAX 
059−256−4168
email
mie.dakc@aqua.ocn.ne.jp